矢印を遠方までくっきり表示、懐中電灯じゃない新しい照明装置

大日本印刷が開発

矢印を遠方までくっきり表示できる
 大日本印刷は、矢印などの模様や記号を数メートル先から遠方まではっきり表示できる手のひらサイズの小型照明装置を開発した。周囲への注意喚起や誘導、演出など幅広い用途を見込む。電池で稼働するため、災害時の避難誘導にも活用できる。価格は個別見積もり、売り上げ目標は非公表。

 照明装置は懐中電灯ほどの大きさで、持ち運びやすく設置場所を選ばない。置いておけば避難誘導などの省人化につながる。模様や記号を表示できる距離は調節できる。ロボットに搭載することで、夜間や暗い場所でも周囲に存在を知らせながら巡回できる。

 防災の他にも、トンネル内など暗い場所での警告表示やデジタルサイネージ(電子看板)の代替、商業施設の道案内、プロジェクションマッピングなどの使い道を想定。建築や屋内デザインの照明分野のほか、インフラや工場自動化などの分野にも販売する。

日刊工業新聞2019年8月12日

関連する記事はこちら

特集