「戦車」交流に見る、日本とヨルダンの深~い関係

61式戦車を王立博物館に貸し出し、アブドラ国王から“返礼品”も

  • 1
  • 18
ヨルダンに向け出発する61式戦車
 防衛装備庁は陸上自衛隊の「61式戦車」を、ヨルダンの王立戦車博物館向けに貸し付ける。同国のアブドラ・イブン・フセイン国王からの要請によるもので、6日搭載船が横浜港を出港した。現地での引き渡しは9月上旬になる予定。同国向けに防衛装備品を貸し付けるのは初めてになる。

 61式戦車は戦後日本が開発した初の国産戦車で、三菱重工業の前身である三菱日本重工業が担当。口径90ミリメートルの主砲を持ち、2000年に全車両が退役した。装備庁によると、同博物館には「T34」など世界の名戦車百数十両が展示されている。アブドラ国王から“返礼品”として、ヨルダンで開発した装甲車を陸自に贈呈したいとの申し出があり、こちらは8月20日ごろ日本に到着予定だ。

日刊工業新聞2019年8月7日

関連する記事はこちら

特集