eスポーツ実業団のGMに元Jリーガーを招いた狙い

三笠製作所、矢野大輔氏招へい

 GMに元Jリーガー―。三笠製作所(愛知県扶桑町、石田繁樹社長、0587・91・3661)は、コンピューターゲーム競技「eスポーツ」の実業団チーム「KYANOS(キュアノス)」のゼネラルマネージャー(GM)に、元日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)選手の矢野大輔氏を招いた。

 キュアノスは2018年に発足し、契約選手2人はサッカーゲーム「ウイニングイレブン」を対象ゲームとしている。矢野氏はリアルのサッカーで培ってきた知見を生かして選手に助言し、チーム強化を図る。

 矢野氏は「若干違う形だが再びサッカーに携わる機会を与えてもらい感謝している」とコメント。キュアノスは選手募集を継続しつつ、有名な世界大会で活躍できるようなチームを目指す。

日刊工業新聞2019年7月30日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。