シャープ、ゲームで高齢者の認知機能を刺激

介護施設の業務効率化支援

 シャープは、介護施設向けに、高齢者が日常生活に関わる機能を訓練する際の業務を効率化できるサービスを8月1日に始める。認知機能を刺激する20種類のゲームを提供するほか、厚生労働省が定める、訓練に必要な一連の手順などを支援する。全国の「通所サービス」施設数のうち、約5%に当たる2800施設への導入を目指す。

 開始するのは「頭の健康管理サービス」。入所者の関心をチェックする「アセスメント」から「訓練結果の記録・管理・見える化」まで、生活機能訓練に要する業務を国内で初めて一貫支援できる。介護現場は人手不足が深刻化しており、高まる業務改善の需要を取り込む。

 最低限の機器と基本ライセンスを合わせた年間利用料は、5年リースで25万円程度(消費税抜き)を想定。これに人数に応じて生活機能訓練の業務を支援するサービスのライセンス料や、付随する機器の使用料が追加で必要となる。

日刊工業新聞2019年7月18日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
07月21日
この記事のファシリテーター

                        

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。