シチズン時計の本気すぎるカスタマイズ!文字盤やケース、秒針など4万通り

 シチズン時計は「シチズン・アテッサ」ブランドの人気機種「AT8040」シリーズについて、好みのデザインにカスタマイズできる「ファイン・チューニング・サービス(FTS)=写真」の提供を始めた。文字盤や針などの組み合わせは計4万通り。消費者のニーズの多様化に応えてさらなる販売拡大を図る。価格は11万―14万円(消費税抜き)。販売目標は非公表。

 文字盤やケース、ベゼル(ガラス外周部)、見返しリング、分針、秒針といった各パーツの色やバンドの種類を選択できる。オーダーに応じて、熟練の技能者がシチズン国内工場で一つひとつ組み立てる。受注後約2週間で届く。

 同社によると、AT8040シリーズは2012年の発売から累計10万本以上の販売実績を持つ人気モデル。ベースモデルから針の色やバンドを変えたいという消費者の声が寄せられていた。

日刊工業新聞2019年7月12日

昆 梓紗

昆 梓紗
07月13日
この記事のファシリテーター

細かすぎる部品のカスタマイズがマニア心をくすぐりそうです。熟練技術者が組み立ててくれるというのも萌えポイント。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。