印刷メーカーが開発した“見えない”フィルムの使い道

従来品との違いは一目瞭然

 共同印刷は湿気や内容物などから発するガスを吸収するフィルム「モイストキャッチ」の透明タイプ(写真右)を開発した。従来品よりも内容物を視認しやすくすることで、利用場面の拡大につなげる。医薬品や化粧品業界などを中心に販売する方針。価格や投入時期などは未定で、展示会での反応を見ながら今後検討する。

 透明タイプは機能材と樹脂を高濃度に含有させる独自の技術により、吸湿能力の維持と高い透明性を両立させた。

 従来のモイストキャッチ(同左)は白色で透明度は低い。医薬品や電子部品、精密機器などで採用されてきたが、種類の拡充で利用範囲を広げる。同社は今後もラインアップ拡充を進め、生活・産業資材系事業の発展につなげる。

日刊工業新聞2019年7月5日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。