早大に開設「村上春樹ライブラリー」の中身

2021年4月にオープンへ

  • 1
  • 3
早稲田大学公式ホームページより
 早稲田大学は、学生が国際文学の中での日本文学を学ぶための文学館「村上春樹ライブラリー」を2021年4月に学内にオープンする。作家の村上春樹氏が、自身の作品に影響を与えたレコードや大学ノートに執筆した代表作『ノルウェイの森』の第一稿などの貴重な資料を寄贈する。50言語以上に訳された村上氏の翻訳本も配架する。

 同大学の4号館を一部改修する。設計は建築家の隈研吾氏が手がける。1階は村上氏の書斎をまねた思索の場とし、2階は学生が研究に使うライブラリーとなる。4号館と隣接の演劇博物館の雰囲気を学生時代の村上氏は好み、活用していたという。

 記念ミュージアムや博物館ではなく、多くの人が利用できる「生きたライブラリー」がコンセプトだ。そのため、誰でも資料に直接触れられる環境を作り、村上作品の研究や交流の場になることを目指している。

 村上氏と親しい隈氏は「単なる展示や本を飾るという場所ではなく、実際に本を読んだりコーヒーを飲みながら今後の文学や世界のあり方を考える文化的な場所になってほしい」と語っている。

日刊工業新聞2019年7月4日

関連する記事はこちら

特集