LINEが「新卒採用支援」に乗り出す

今秋に提供開始

 LINEは対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」を使った新卒採用支援サービス「LINE採用コネクト」を秋に始める。利用企業はLINE上で会社紹介や説明会の日程など学生に合わせた情報を送れる。多くの学生になじみ深いLINEにより、選考過程での離脱防止や内定辞退率の低減につながる点をアピールする。

 新卒学生の通年採用推進が大学側と合意され、企業の採用活動は早期化・長期化する見通し。企業には学生とのコミュニケーションを密にする必要が強まっている。

 料金は今後詰める。企業の採用担当者は専用の管理システムを活用して、LINEの企業アカウント上で採用情報や職場のリアルな様子などを学生に発信できる。さらに会社説明会の日程調整や問い合わせへの応答などの配信作業を自動化できるなど、採用担当者の業務支援としても活用できる。電子メールや電話が中心の採用活動から、日常的に利用頻度の高いLINEを活用した採用活動へ転換することで、エントリーの促進や選考過程の離脱防止、採用業務の効率化が見込める。

日刊工業新聞2019年6月18日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。