打ち上げ成功!イーロン・マスクの「スターリンク」衛星、60基を放出

スペースX、全地球をネットでつなぐ1万2000の衛星を推進

 イーロン・マスク率いる宇宙開発企業、スペースXは24日11時30分(日本時間)、大型基幹ロケット「ファルコン9」をフロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。衛星で全世界をネットにつなぐ「スターリンク」構想の第一歩となる60基の衛星が積み込まれており、分離に成功した。
分離されるスターリンク衛星(同社のyoutube から)

 衛星は1基227kgで、複数の高性能アンテナと太陽光パネルを備える。最終的に1万2000基の衛星を打ち上げるのが目標だが、当面は1440基分を順次打ち上げ、2020年と言われるサービス開始を目指す。サービスの詳細は不明だが、全地球をカバーする高速・大容量の有料インターネット網を築き上げ、スペースXの収益の柱にするとみられる。


スターリンク構想のイメージ(同社のツイッターから)


スターリンク衛星の展開イメージ(同社のツイッターから)

ニュースイッチオリジナル

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。