ルネサスCEO、工場停止期間「(計画より)相当短く」

需要が当初の想定を上回る

 ルネサスエレクトロニクスの呉文精社長兼最高経営責任者(CEO)は事業説明会を開き、前工程6工場の稼働停止期間について「(当初の計画より)相当短くなりそうだ」と語った。4―6月に6工場平均で1カ月の稼働停止を計画していたが、需要が当初の想定を上回るとの見方を示した。7月以降については「需要見合いで判断する」と言明を避けた。4―6月の売上高については「工場を停止することで(計画に比べて)急減するわけではない」と語った。

 在庫状況については、自社在庫だけでなく、「代理店の在庫も理想のレベルまでではないが減らせている」と語った。中国経済の減速に伴い、半導体市場には逆風が吹いている。

<関連記事>
中国の半導体事情に精通する男、8インチウエハー参入の勝算

減速の工作機械、最大手が設定した19年の生産計画

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。