年間のCO2排出量375トン削減するペットボトルの一工夫

キリンビバレッジが2リットル用を軽量化

 キリンビバレッジは、現在最軽量の2リットルのペットボトルを、28・9グラムから28・3グラムに軽量化したと発表した。ボトル口部のネジ山を細くするとともに長さを削減し軽量化した。新ボトルの導入により年間約107トンのペット樹脂と、約375トンの二酸化炭素(CO2)排出削減が可能としている。

 新ボトルはミネラルウオーター「キリン アルカリイオンの水」向けで4月から導入する。これまで同ボトルの軽量化に取り組み、15年3月に最軽量を実現。今回は軽量化の余地がある口部に着目して改良した。他の飲料商品への展開も検討している。

 キリングループはプラスチック廃棄物の改題解決の方針「キリングループ プラスチックポリシー」を策定しており、ペットボトルの軽量化もこの一環。今後、さらなる軽量化を進めるとしている。

日刊工業新聞2019年3月21日

日刊工業新聞 記者

日刊工業新聞 記者
03月23日
この記事のファシリテーター

                              

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。