成田空港ラウンジで快眠できるヤマハの独自技術

「仮眠システム」を実証

 ヤマハは成田国際空港内「ナリタプレミアラウンジ」で快適な入眠や目覚めをサポートするシステム「仮眠システム」の実証実験を始めた。プロトタイプ2台を設置し、ラウンジ利用者に体験してもらう。期間は28日まで。

 設置したのは内部にリクライニングチェアを置いたブース型システム。呼吸音に似た音と木々など自然の音を合成した「快眠音」を、利用者の呼吸と心拍に連動してテンポを変動させながら流し、入眠をサポートする。最長30分の仮眠に対応。

 目覚めはストレスを感じやすい高周波数帯域をカットし、徐々に音量を大きくする独自技術「インテリアラーム」で促す。

日刊工業新聞2019年3月7日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。