東ロボくん・新井紀子教授が考える、人材採用時の最大のリスクヘッジ策とは

「高校卒業までに高校の教科書を読める人材を採用するのが組織にとって最大のリスクヘッジ」と強調するのは、国立情報学研究所教授の新井紀子さん。基礎読解力を測るテストを開発した。

文章が読めないと社内規則が形骸化する恐れも。「読み書きはできても新聞などの文章を読めない機能的非識字者がイタリアで3割に達するという報告もある」という。

「意思疎通の齟齬(そご)や法令順守違反など企業にとってもリスクになる。内部留保を抱える企業には協力してほしい」とテストの利用を呼びかける。

日刊工業新聞2018年12月14日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。