働き方「世界基準」のオフィス空間導入、イトーキ新本社

 イトーキは3日、10月に移転した新本社オフィス「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」を、社員が働き方改革を実証するショールームとして開業し、公開した。生産性を高めて社員の満足度を最大化する働き方に関する国際的な考え方「ABW」と、社員の心身を健全に保つ空間品質基準「WELL認証」を導入して、オフィス空間を設計。93の個室ほか、瞑想(めいそう)などができる和室(写真)を設けた。

 働き方改革を次の次元に変えるという意味を込め、名称を「XORKスタイル」とし、生産性向上を図る。社員向けのアプリで、在籍管理や働き方を分析しながら実証実験に取り組み、顧客向けへの提案につなげる。平井嘉朗社長は「新しい価値を創造し、顧客の働き方改革を進めていきたい」と抱負を述べた。

日刊工業新聞2018年12月4日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。