駅中シェアオフィスは広がるか、JR東が実証開始へ

品川、東京、新宿にブース型導入

  • 0
  • 0
シェアオフィス「STATION WORK(ステーションワーク)」
 JR東日本は26日、都内の品川駅の改札内で2019年度上期に事業化を目指すシェアオフィス「STATION WORK(ステーションワーク)」のブース型オフィスを報道公開した。一般に利用者を募って28日から品川、東京、新宿の3駅で実証実験を開始。1回30分を上限に無料提供し、個人・法人の利用状況や使い勝手を確かめて、サービス開始時の価格や仕様の決定に生かす。

 ブースは遮音性の高い空間で、アロマの香りを漂わせた。室内にはディスプレーや無線LAN、モバイル電源を用意した。あいさつに立った表輝幸執行役員は「多様な働き方のニーズに応える。快適で利便性の良いものを追求した」と紹介。実証実験開始を前に、すでに1000人が会員登録を済ませている。

日刊工業新聞2018年11月27日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

個人的にはアポイントとアポイントの間の隙間時間に気軽に使えるシェアオフィスが駅中にあると重宝しそうです。

関連する記事はこちら

特集