東芝復活へ、研究開発費の3割をIoT・AIに集中投資

CEOが明言、新規事業の創出狙う

 東芝は技術戦略を発表し、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)分野の研究開発投資を積極化する方針を示した。2019―23年度の中期経営計画で掲げる9300億円の研究開発投資のうち、3割程度をIoT・AI分野に投じる。車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は「成長領域に加えて、IoT領域などに集中的に資源投入する」という。

 AI開発では、従来の教師データなどが必要なAIから、自ら学ぶAIへの発展を目指す。自社に限らず国内外の大学・研究機関と連携したオープンイノベーションも進める。研究開発から製品化の各工程でIoTを活用し収益力の向上も目指す。

 そのほかコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)機能として100億円規模を投じ、新規事業創出も目指す。車谷会長兼CEOは次の成長に向けて「東芝にはベンチャースピリットの歴史がある。そのDNAを大きく花開かせていきたい」と語った。

<関連記事>
これから重電メーカーはどうなるの?

日刊工業新聞2018年11月23日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。