“うまいパン”決定戦が開催!

全国のファミマ約1万6000点で実施、第1回のテーマは“フルーツ”

  • 0
  • 0
開発したパンをPRするメーカー
 ファミリーマートは21日、27―12月17日まで全国のファミリーマート(約1万6000店)で「うまいパン決定戦」を開催すると発表した。山崎製パンやフジパンなど9社がフルーツをテーマにしたパンを開発。全国を5ブロックに分けて、各地域で販売金額がトップになったパンをナンバー1に決定する。2019年1月には、各地域でナンバー1になったパンは「うまいパンNo・1」として再販売する。

 第1回となる今回は「フルーツ」がテーマとなっており、フジパンの「ピザパン(パイン&アップル)」(消費税込み138円)や伊藤製パンの「洋梨キャラメルデニッシュ」(同138円)など、食感や風味を重視したパンがそろった。企画提案に関わった沢田貴司社長は「どれも本当においしく、みなさんにも楽しんでほしい」と述べた。

 販売の途中経過はホームページで公表する。対象のパンを購入すると、20%割引のレシートクーポンをプレゼントする。

日刊工業新聞2018年11月22日

関連する記事はこちら

特集