見た目はシンプルなアナログ時計、実は“スマートウオッチ”です

ノット、11月中に順次発売

 ノット(東京都武蔵野市、遠藤弘満社長)は、スマートウオッチ「エレクトリックハイブリッドシリーズEH―38」を、11月中に順次、発売する。基盤とギアボックスを組み合わせたハイブリッドムーブメント(駆動装置)を採用。製造、小売りを一貫でできる製造直販型小売業(SPA)の強みを生かし、消費税抜きの価格を17日発売のレギュラーモデル「EH―38SVWH=写真」で1万9000円など、2万円以下に抑えた。限定生産の特別パッケージモデルも2万―2万1500円。「メード・イン・ジャパン」を強調し、売り込む。

 スマートウオッチと意識させない、アナログ時計と親和性の高いデザインを採用。着け心地を考慮し、厚さを11ミリメートルと薄くした。スマートフォンへの電話や電子メール(eメール)、参加交流型サイト(SNS)メッセージなどとのコネクト機能を備えている。

 また、東京・丸の内に、カスタムオーダーウオッチのギャラリーショップを12月1日にグランドオープンする。国内では8店目、都内では吉祥寺と表参道に次いで3店目の店舗となる。スマートウオッチやレザーグッズなどを販売する。

日刊工業新聞2018年11月15日

国広 伽奈子

国広 伽奈子
11月16日
この記事のファシリテーター

シンプルなアナログ時計が好きな人に喜ばれそう。アナログ時計に近いスマートウォッチは、見た目やサイズがゴツいイメージを持っていました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。