VRでよみがえる元スワローズ選手の“高速スライダー”

NTTデータ、今後は一般消費者にも提供を進める

 NTTデータがプロ野球の往年の名投手の球種を仮想現実(VR)で再現した。テレビの中継映像を分析し、実際に球種を体験した人の意見を吸い上げ、投球スピードや変化の度合いを数値化した。NTTデータは、プロ野球の球団など向けにVRを活用したトレーニングシステムを開発している。今後は一般消費者向けにも幅を広げ、イベントを通じてVR体験を提供していく。

 NTTデータがVRで再現したのは、「高速スライダー」が代名詞だった元ヤクルトスワローズ投手の伊藤智仁氏の投球だ。現役選手らの場合は、さまざまな角度からの鮮明な映像やデータがあるためVRで再現することは比較的容易だった。一方、往年に活躍した選手はデータが少なく球種を再現することが困難だという。NTTデータライフデジタル事業部eライフ統括部スポーツビジネス推進チームの荒智子課長代理は「チームが保有する映像などから、ボールのスピードやX・Y・Zの座標情報などを取得した」と苦労を明かす。

 NTTデータは東京都港区で開かれたイベントで「高速スライダーのVR体験会」を開催。VR装置を装着すると野球場が再現され、参加者はバッターとなって伊藤選手が投げた高速のボールが変化する様子を体験した。

 同社は今後もVRで再現した「高速スライダー」をスポーツイベントなどに出展する予定。これまでのBツーB(企業間)向けビジネスだけでなく、イベント会社などと連携し、BツーC(対消費者)ビジネスにつなげていく。

日刊工業新聞2018年11月8日

国広 伽奈子

国広 伽奈子
11月08日
この記事のファシリテーター

往年の名選手と“対戦”できる機会は貴重。一度体験してみたいです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。