新潟アルビレックスとタニタ、“バスケ×健康”で地域を活性化する!

バスケチーム運営会社とタニタヘルスリンクが提携

  • 0
  • 0
タニタカフェで提供されるコラボメニューを持つ新潟アルビレックスBBの選手
 バスケットボールチーム「新潟アルビレックスBB」を運営する新潟プロバスケットボール(新潟県長岡市、小菅学社長、0258・86・5700)は、タニタヘルスリンク(THL、東京都文京区、丹羽隆史社長)と提携した。THLが長岡市内で運営に関わる「タニタカフェ」などを軸にスポーツ振興と市民の健康づくりに貢献するのが狙い。

 提携に伴い、タニタカフェで公式グッズや提携で生まれた活動量計、食事メニューの提供を開始。THLは選手の体づくりに向けた食事サポートも行う。同チームはスポーツ振興で、THLは健康づくりで長岡市の街づくりに参画している。

日刊工業新聞2018年10月12日

COMMENT

国広伽奈子
編集局第一産業部
記者

カフェでは選手の好きな一品や食材を取り入れたメニューも提供するとのこと。チームの応援につながるなら健康への取り組みも楽しくなりそうです。

関連する記事はこちら

特集