野鳥の声で時間をお知らせ、リズム時計と日本野鳥の会がタッグで掛け時計

18日に発売

 リズム時計工業は、日本野鳥の会と共同開発した掛け時計「日本野鳥の会 四季の野鳥報時掛時計」を18日に発売する。野鳥の会が日本各地で録音した48種と、シークレット1種の野鳥のさえずりを音源として使用。臨場感あふれる鳴き声で、毎時ごとに知らせる。木枠の408型とプラスチック枠の409型の2種類があり、消費税抜きの価格は408が2万円、409は1万5000円。

 野鳥の声のお知らせは、全49種をランダムに再生するランダムモード、春夏秋冬や朝昼夜で4種の声をランダムに再生するシーズンモード、カッコウの声で数取り再生するカッコウモードのどれかが選べる。鳴き声をOFFにすることも可能。売り上げの一部は、野鳥の会を通じて、野鳥が暮らす豊かな自然を守る活動に役立てる。

日刊工業新聞2018年10月10日

葭本 隆太

葭本 隆太
10月10日
この記事のファシリテーター

今回の時計開発に当たっては、200ヘルツ付近の低音で鳴くフクロウから8,000ヘルツ付近の高声で鳴くヤマガラまでの鳴き声を鮮明に再現するため、高音質音声ICを搭載した新回路を開発したそうです。色々な野鳥の鳴き声、聞いてみたいです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。