元プロ野球の要請で開発、室内で安全に練習できるバッティングマシンの仕組み

神戸電気工業が開発

 室内でも気軽に練習でき、打撃をレベルアップ―。神戸電気工業(兵庫県西宮市、茨木俊和社長、0798・47・7640)は、スポンジボール用バッティングマシンを開発した。トス式でなく投球式の同マシンは珍しいという。人に当たってもけがせず、安全に打てる。価格は4万8000円(消費税抜き)。

 電動バネを使って、「ユニックス」ブランドの練習用スポンジボールを投げる。飛距離は約3メートル。高さは三脚で調整可能。投球間隔は最短2秒まで制御できる。一度にセットできるボールの数は8個。単1電池2個で14時間動く。ボールは別売り。

 茨木社長が元プロ野球選手から、少年やプロが1人で練習できる機械の開発を頼まれ、補助金や技術支援機関の協力を得て製品化した。販売目標は未定だが、「多く売れたら価格を下げたい」(茨木社長)考え。

日刊工業新聞2018年10月8日

葭本 隆太

葭本 隆太
10月08日
この記事のファシリテーター

元プロ野球選手の要請を受けてということもあり、3メートルとはいえ前からボールが飛んでくるボールを打つ方がトス式よりも打撃練習になるということでしょうか。

この記事にコメントする

茨木 俊和
茨木 俊和
10月09日
ご紹介頂きましてありがとうございます。本製品開発者の茨木です。

打撃練習として、斜め前からトスされたボールを打つ方法が現在良く行われています。しかし、実戦とはボールの来る角度が異なりますので、この練習方法に懐疑的な指導者も多くいるようです。

ただ、実戦と同じ角度のボールを打つとなると設備や人員面で大変です。
本製品は手軽に実戦的な練習ができるようにするものです。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。