「パジェロ」「デリカ」につながる基礎を築いたピックアップトラック

三菱自動車「L200」発売から40周年

  • 0
  • 5
三菱自のピックアップトラックの初代「L200」
 三菱自動車のピックアップトラックが生誕40周年を迎えた。1978年に発売した「L200」を起源とし、これまで約150カ国で販売。初代から5代目まで40年間での累計生産台数は約470万台に達した。17年度の同社ピックアップトラックの販売台数は全体の約15%を占めており、車種別でも2位の世界戦略車と位置付ける。

 現在同社は「トライトン」などのピックアップトラックを販売している。優れた耐久性や走破性に加え、乗り心地の良さなども実現。東南アジア諸国連合(ASEAN)や豪州などで好評を博してきた。「L200」などの1トンピックアップトラックは、後に開発したスポーツ多目的車(SUV)「パジェロ」やミニバン「デリカ(4WD)」などにつながる基礎を築いた車種の一つとしている。

日刊工業新聞社2018年9月20日

COMMENT

梶原洵子
編集局第二産業部
記者

三菱自動車のピックアップトラックは、東南アジアで大きな存在感を持っています。

関連する記事はこちら

特集