三菱重工、「MRJ」子会社に2000億円追加投入

開発加速へ

  • 0
  • 6
 三菱重工業が、国産小型ジェット旅客機「MRJ」の開発子会社三菱航空機(愛知県豊山町)に、2021年3月期までに2000億円程度の資金を追加投入することが明らかになった。三菱航空機はMRJの開発遅れで18年3月期末に1100億円の債務超過に陥っている。

 19年3月期に1200億円を投入して債務超過を解消し、残りを開発費に充てる。このほど三菱重工業が公表した統合報告書に記載した。20年半ばの量産初号機納入に向け、「開発という面では出口が見えつつある」(小口正範副社長)とした。

日刊工業新聞2018年9月17日

COMMENT

三菱航空機は量産初号機の納期を5回延期し、2期連続の債務超過となっている。三菱重工は三菱航空機の債務超過を19年3月期に解消する方針を示している。 (日刊工業新聞社名古屋支社・戸村智幸)

関連する記事はこちら

特集