旅の思い出に「お好み焼き」を体験しよう!オタフクソース広島駅そばにスタジオ

10月4日「オコスタ」開設

  • 0
  • 0
お好み焼き体験スタジオ「OKOSTA(オコスタ)=イメージ」
 オタフクソース(広島市西区、佐々木直義社長、082・277・7112)は、広島市南区のJR広島駅北口にお好み焼き体験スタジオ「OKOSTA(オコスタ)」を10月4日にオープンする。訪日外国人や修学旅行生らに旅の思い出を提供し、広島の食文化を発信する。投資額は約6000万円。

 オコスタは広島駅北口の再開発部分に入居する。店舗面積は約145平方メートル。お好み焼き調理用の鉄板4台を備え、一度に最大40人が調理体験できる。年中無休で営業時間は10―22時。宗教上の理由などで豚肉や魚介類を食べられない人にも対応する。家族旅行者らも受け入れる。

 同社は広島のソウルフード、お好み焼きのソースメーカー。お好み焼き体験は予約(専用電話082・277・7116)が必要。

日刊工業新聞2018年8月24日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

スタジオでは定番のお好み焼きやオムそばなどについて美味しく焼けるコツを、お好み焼士が丁寧にサポートしてくれるそうです。

関連する記事はこちら

特集