漁業を助ける気候変動観測衛星「しきさい」の力

JAXAが漁業団体向けにデータ提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、漁業に関する海の情報などを提供し漁業資源の効率的な利用を目指す漁業団体「漁業情報サービスセンター」に海面水温などの観測データの試験配信を始めた。JAXAの気候変動観測衛星「しきさい」で観測したデータを処理し、観測から3時間以内に同センターへ届ける。同センターは漁業者や調査研究機関などへ漁場付近の海面水温などを提供するサービスの開始に向け準備を進める。

 漁業の一般的な衛星観測に比べ、しきさいは4倍の250メートルの空間解像度を持ち、精度の高いデータが得られる。海中の栄養状態を示すクロロフィル濃度の測定データも提供する。水温や漁獲量など沿岸での漁場データの高度化が期待される。

 しきさいは12月の観測データの本格的な提供開始に向け初期校正検証運用を行っている。同センターは現場で実測したデータを提供し、しきさいの校正検証に協力する。

 近年のマイワシの好漁や黒潮蛇行など漁業を取り巻く環境が変化している。海洋環境変化の把握や西日本豪雨後の漁場の監視など、衛星による海の監視は重要性を増している。

日刊工業新聞2018年8月11日

葭本 隆太

葭本 隆太
08月11日
この記事のファシリテーター

「しきさい」は漁業利用と水産研究での応用が期待されています。漁場探索の高度化のほか、藻場干潟や赤潮発生の監視や、沿岸漁業の資源管理への貢献が見込まれているそうです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。