NECのAIが花火大会を見守る

横浜国立大と実証

  • 1
  • 1
 NECと横浜国立大学は民間主体の街づくりで共同研究を始める。大規模集客施設やイベント会場の周辺地域における混雑時の安全・安心の確保に加え、居住者や来訪者の円滑な移動を実現する。その一環として、26日に横浜市港北区の新横浜公園一帯で開催される「新横浜花火大会2018」で周辺エリアの混雑状況を可視化する実証実験を行う。

 NECは人工知能(AI)技術の一つである「群衆行動解析技術」を活用し、一部のエリアに設置したカメラ画角内の滞在人数や方向別の通過人数を定量的に把握する。横浜国大はWi―Fi(ワイファイ)センサーを広範囲に設置し、スマートフォンやタブレットなどWi―Fi設定をオンにしている端末数を測定し、その人数を把握する。

 さらに、両者の取り組みを組み合わせ、混雑状況を推定する。Wi―Fiセンサーとカメラを1台ずつ併設し、群衆行動解析技術から割り出した人数とWi―Fi設定を有効にしている端末数を測定し、Wi―Fiセンサーだけを設置した場所での人数を推定する。

 推定した混雑状況は警備本部に設置したタブレット端末にリアルタイムで表示されるほか、周辺地域に設置したデジタルサイネージ(電子看板)にも表示する予定。

日刊工業新聞2018年7月17日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

花火大会は大混雑が予想される一大イベント。新しい技術が警備の最適化などに貢献することを期待します。ちなみに「新横浜花火大会」は初開催で音楽と融合させたイベント。花火は約4,000発を打ち上げる予定で、打ち上げ場所の周辺には有料席も用意されるようです。

関連する記事はこちら

特集