夏休みは人工衛星を打ち上げよう!東京・銀座で体験型イベント

三菱電機が開催、9月4日まで

  • 1
  • 3
タブレット端末を操作しながら人工衛星の環境試験などをゲーム形式で楽しめる
 三菱電機は東京・銀座のイベント施設「METoA Ginza(メトアギンザ)」で宇宙をテーマに同社の事業や関連技術を紹介する無料の体験型イベントを開催している。人工衛星を打ち上げるゲームや、宇宙から届く電波を観測する大型望遠鏡に上るVR(仮想現実)映像などを楽しめる。開催期間は9月4日まで。

 イベントは「Space Challenge in Ginza 人工衛星と大型望遠鏡で、宇宙のひみつに挑む!」。施設には64面液晶マルチディスプレーを設置しており、人工衛星の打ち上げをゲーム形式で楽しめる。ゲーム参加者は手元のタブレット端末でディスプレーに映った人工衛星を操作して宇宙環境を想定した環境試験などに挑戦できる。また、VRやAR(拡張現実)を活用して宇宙を体感できるアトラクションなども用意した。三菱電機は「(イベント開催期間は)夏休み期間にあたるため、特に子どもが楽しめる企画にした」と説明する。

 「メトアギンザ」は三菱電機の事業やその関連技術を一般に紹介するため、2016年3月に開設した。FAや風など多様なテーマで随時イベントを開催しており、5月までに200万人が来場したという。


「触れる地球」リアルタイムの雲の動きなどを知ることができる

地球と人工衛星の関係性を形にしたオブジェ

人工衛星と地球をモチーフにした限定スイーツを販売する

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局DX編集部
ニュースイッチ編集長

64面液晶マルチディスプレーやタブレット端末を使ったゲームはとても子どもが喜びそうなアトラクションでした。銀座にお立ち寄りの際は是非。

関連する記事はこちら

特集