宇宙ビジネスが身近に?日本初のデータプラットフォーム

  • 0
  • 4
握手をする(左から)柴崎亮介東京大学教授、田中邦裕さくらインターネット社長、鶴田将範経済産業省製造産業局宇宙産業室長、舘和夫宇宙航空研究開発機構理事補佐
 さくらインターネットは22日、宇宙ビジネスの創出を目的とした宇宙データプラットフォームを構築すると発表した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や民間などの衛星データを利用。多くのデータと複合し、付加価値の高いデータを提供するなど、民間や研究機関、個人などが衛星データを利用しやすい環境を整備する。今夏に事業者や研究機関などによる連携グループを発足し、年内にβ版、2019年2月に正式版を提供する。

 田中邦裕社長は「衛星データというビッグデータ(大量データ)の解析で、今まで見えなかったことが見えるようになる。多くのユーザーが利用できる仕組みを作りたい」と強調した。

 JAXAの陸域観測技術衛星「だいち」「だいち2号」などの衛星データを利用する。さらに民間が持つデータも活用したい考え。

 経済産業省の「政府衛星データのオープン化およびデータ利用環境整備事業」を受け、日本初のプラットフォームを開発する。3年間の事業の後、21年から民営化を目指す。

日刊工業新聞2018年5月23日

COMMENT

梶原洵子
編集局第二産業部
記者

より多くの企業や団体などがデータを扱いやすくなり、宇宙関連ビジネスを始めやすくなることに期待です。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる