運送ドライバーが問い掛けに答えるだけで日報が作成できるAI

NTTドコモなどが実証実験

 NTTドコモはドコマップジャパン(東京都港区)、富士運輸(奈良市)と、人工知能(AI)とRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)を活用して運送業界の業務を効率化する実証実験を始めた。AI技術を活用した自動車向け音声エージェントの問いかけに答えるだけで、運転中に日報が作成できる。ドライバーの日報作成時間を手書き記入に比べて約80%削減できるようにする。

 作成された日報データはクラウド上に自動でアップロードされるため、事務所帰着後に業務内容を思い出して日報を作成する業務が不要となる。

 クラウド上の日報データと運行計画書の内容もRPAが自動で照合する。請求データ確定までの業務を自動化できるため、事務員の日報確認・請求書作成業務も約50%削減できる見込み。

日刊工業新聞2018年7月4日

葭本 隆太

葭本 隆太
07月05日
この記事のファシリテーター

事務所帰着後に業務を思い出して日報を作成するというのは確かに面倒くさいと思ってしまいそう。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。