ソニービル跡地に“変化する公園”が誕生 

「Ginza Sony Park」8月9日に開園

  • 0
  • 3
 ソニーは東京・銀座のソニービルの跡地に新設する施設「Ginza Sony Park」(銀座ソニーパーク、イメージ)を、8月9日に開園する。「変わり続ける実験的な公園」をコンセプトに、地上部分と地下4階で構成。地上部分では公共スペースを拡大して開放し、地下階では店舗を運営する。ソニーに関連した体験型イベントやライブなども行う。

 2020年秋までの限定展開となる。22年には「公園」のコンセプトは維持しながら、新しいソニービルを開設する計画だ。地上部は約707平方メートルで「買える公園」をテーマに、パークに植えられた植物を購入できるようにする。またラジオ局「TOKYO FM」のサテライトスタジオを設置する。地下階では「トラヤカフェ」のあんペーストや、クラフトビールなどの店舗を展開する。

 ソニービルは66年に開業し銀座の象徴だったが、老朽化に伴い3月末で閉館していた。

日刊工業新聞2018年6月13日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

地下に吹き抜けがある垂直立体公園とのこと。地上階の植物が購入可能なため、購入される度に公園の表情が変わるのを楽しめるそうです

関連する記事はこちら

特集