IoTで歴史的な町並みに訪日外国人を誘う

NTT東日本、千葉・佐原地区でサービス提供

  • 0
  • 3
 NTT東日本千葉事業部などは8日、千葉県香取市佐原地区で外国人向けに観光情報などを提供するIoT(モノのインターネット)サービスを始めたと発表した。カード型デバイスにスマートフォンをかざすだけで、施設情報や観光情報を自動配信するシステムを佐原の宿泊施設や観光スポットに導入。外国人が快適に観光できる仕組みをIoTの活用で構築し、佐原への訪日外国人(インバウンド)の誘致促進に結びつける。

 この取り組みは、歴史的な町並みが残る佐原の観光を盛り上げるため、NTT東とニッポニアサワラ(香取市)、アクアビットスパイラルズ(東京都港区)の3社が企画した。スマホへの情報配信機能を備えたカード型デバイス「スマートプレート」はアクアビットが提供し、これをニッポニアサワラが運営する佐原の宿泊施設などに設置した。NTT東はWi―Fi環境の提供などを行う。

 同デバイスは設置場所に応じてさまざまな情報を提供する。例えば、宿泊施設の客室に設置された同デバイスにスマホを近づけると、館内情報や周辺地図などを閲覧できるウェブページを、各端末の設定言語に応じて表示する。佐原の神社や博物館、観光案内所などにも設置し、各施設の見どころなどの情報を外国語で提供する。

 外国人観光客の利便性が向上するほか、宿泊施設など受け入れ側の負担軽減にも結びつく。さらに、どの国の観光客が、いつ、どの施設を訪問したかとったデータを収集できるため、将来は佐原の観光のマーケティングへの応用も検討する。

 NTT東千葉事業部の大村健太郎コラボレーション推進部長は「今後の大きな需要増が期待できる千葉県内へのインバウンド観光の取り込みに貢献していきたい」と話している。

日刊工業新聞2018年6月8日

COMMENT

葭本隆太
デジタルメディア局
ニュースイッチ編集長

佐原に残る街並みの中には、日本で初めて全国の正確な地図を完成させた伊能忠敬の旧宅もあります。古民家を宿泊施設にするリノベーション事業なども行われているようです。

関連する記事はこちら

特集