航続距離が17%延びた「ホンダジェット」、改良版のポンイント

  • 0
  • 0
新型「ホンダジェット エリート」(同社提供)
 ホンダの航空機事業子会社である米ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の改良版「ホンダジェット エリート」を発表した。2015年の出荷以来、初の大型改良となる。最新の電子機器による操縦性向上のほか、航続距離の延長、客室内の静粛性を高めた。スイスのジュネーブで28日に始まるビジネス航空ショー「EBACE2018」の会場で先行公開された。

 ホンダジェットの特徴である主翼上部のエンジン配置や自然層流デザイン、一体成形による複合材を使った胴体など、初代モデルの基幹技術はそのままに、最新技術と装備を加えて、世界出荷で米セスナ・エアクラフトの引き離しを狙う。5月までに米国連邦航空局(FAA)と欧州航空安全局(EASA)の型式証明を取得した。顧客への引き渡しは8月からの見通し。

 燃料タンクの大容量化などにより、航続距離は17%増の約2661キロメートル。エンジンにはファンブレードの通過音を減衰させる新たな空気取り入れ構造を採用し、客室内外で飛行騒音を低減させた。

 このほかゴーアラウンド(着陸復行)時の自動操縦機能や限界を超える飛行の抑制など、安全機能の搭載も充実させた。機体カラーはエリート専用として、アイスブルーとルビーレッド、マナークオレンジの3色を追加設定した。

 ホンダジェットは最大7人乗りの小型ビジネスジェット。広い機内空間と軽量化された機体、優れた空気抵抗性能が特徴。エンジンは米ゼネラル・エレクトリック(GE)と共同開発した小型ターボファンエンジン「HF120」で、最高巡航速度は420ノット(時速約782キロメートル)。2017年の世界出荷機数は43機。米セスナ・エアクラフトの「サイテーションM2」を抜いて、軽量小型ジェット機で初の年間首位となった。エリートのカタログ価格は約5億8000万円。

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

ホンダジェットがなぜ評価が高いのか。関連記事「ホンダジェット開発に学ぶクリエイティブチームのつくり方」をぜひ合わせてお読みください。

関連する記事はこちら

特集