オフィスで定着するか?ペットボトルのビール風味飲料

6月19日、コンビニ限定で発売!

 サントリービールは、ノンアルコールビール風味飲料「オールフリー オールタイム」を6月19日にコンビニエンスストア限定で発売する。飲料自体を無色透明として、ペットボトル容器を採用。

 ビールの代替飲料というイメージを打破して、オフィスやスポーツなどで、いつでも手軽に飲める炭酸飲料として提案する。

 ノンアルコールビール飲料と言えば、夜の宴席などでアルコールを控える場合の代替飲料のイメージだ。アルコール分はないので、本来はいつでも飲める。

 しかし、ビール色と缶容器では昼に飲むには人目が気になる。

 そこで、透明飲料をペットボトル容器で商品化したという新しいチャレンジだ。透明にするため麦芽使用を抑えながらホップを効かせ、さらにライム風味を加えて爽快感を演出する。

 容量は380ミリリットルで、消費税込みの実勢価格は150円程度。2018年内に15万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を見込む。

日刊工業新聞2018年5月21日

平川 透

平川 透
05月21日
この記事のファシリテーター

発売されたら会社で朝から飲みます。味も気になるし、周りがどのような反応を示すのか興味があります。

ニュースイッチ編集長・葭本は先日の記事のコメント欄に「ノンアルコールとはいえ、私は昼間の仕事場でビールを飲むのは抵抗感を感じます。世間はどうでしょうか。」と書いています。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。