進水から1年5カ月、潜水艦「せいりゅう」を引き渡し

三菱重工が神戸造船所で

 三菱重工業は12日、海上自衛隊向け潜水艦「せいりゅう」の引渡式・自衛艦旗授与式を神戸造船所(神戸市兵庫区)で開き、防衛省に引き渡した。山本ともひろ防衛副大臣、同社の阿部直彦執行役員ら260人が参加した。

 「せいりゅう」は「そうりゅう」型潜水艦の9番艦。機関形式はディーゼル・スターリングで、基準排水量は約2950トン。全長84×幅9.1×深さ10.3メートルで、水中速力は20ノット。神奈川県の横須賀基地に配備される。

 同製造所で建造した戦後27隻目の潜水艦で、建造費は約531億円。

日刊工業新聞2018年3月13日



「そうりゅう」型の9番艦


 三菱重工業は12日、海上自衛隊向け潜水艦「せいりゅう」の命名・進水式を神戸造船所(神戸市兵庫区)で開いた。小林鷹之防衛政務官や水谷久和三菱重工業常務執行役員ら約260人が参加した。

 せいりゅうは「そうりゅう」型の9番艦で、建造費は約531億円。全長84×幅9・1×深さ10・3メートル、基準排水量は約2950トン、水中速力は20ノット。同造船所で建造した戦後27隻目の潜水艦。艤装(ぎそう)工事を経て2018年3月に引き渡す予定。
※内容肩書は当時のもの
「せいりゅう」の命名・進水式

日刊工業新聞2016年10月13日

明 豊

明 豊
03月13日
この記事のファシリテーター

ちなみに進水式当時、三菱重工の代表として参加していた水谷久和常務執行役員は、「MRJ」事業の立て直しで現在は三菱航空機の社長を務めています。また昨年11月には川崎重工が潜水艦「しょうりゅう」の命名・進水式を神戸工場で開き、2019年3月に防衛省に引き渡す予定です。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。