エアバス、天津製「A320neo」納入開始

初号機はエアアジア

 エアバスは、中国・天津の最終組立工場で製造したA320neoの引き渡しを開始した。初号機はエアアジア(AXM)に引き渡した。エアアジアのA320neoは1クラス186席を設定。CFMインターナショナル製新型エンジン「LEAP-1A」を搭載する。

 同工場は2008年、エアバスと天津港保税区(TJFTZ)、中国航空工業集団公司(AVIC)とのJV(共同事業)で発足。仏トゥールーズ、独ハンブルクに続く3カ所目の拠点で、欧州以外では初めての施設となっている。現在は米アラバマ州モビールでも最終組立工場を稼働し、A320ファミリーを製造している。

吉川 忠行

吉川 忠行
11月01日
この記事のファシリテーター

天津製A320neo納入開始。初号機はエアアジアへ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。