ボーイングが開発中の最新鋭小型機「737 MAX」 初飛行に成功

  • 0
  • 0
初飛行を終えボーイング・フィールドに着陸する737 MAX 8の飛行試験初号機
 ボーイングが開発中の最新鋭小型機737 MAXが現地時間1月29日(日本時間30日)、初飛行に成功した。737 MAXはCFMインターナショナルが開発した新型エンジン「LEAP-1B」を採用。翼端に新型ウイングレット「アドバンスト・テクノロジー・ウイングレット」を備え、現行の737NG(次世代型737)と比べて、燃費を20%改善する。

 29日の初飛行では、最初の機体となる737 MAX 8の飛行試験初号機(登録番号N8701Q)が、737を製造する米シアトルのレントン工場に隣接するレントン市営空港を午前9時46分(日本時間30日午前2時46分)に離陸。シアトル上空を2時間47分飛行後、午後0時33分にボーイング・フィールド(キング郡国際空港)へ着陸した。離着陸時には、会場を訪れた人たちから拍手と歓声があがった。

 操縦は737 MAXのチーフパイロット、エド・ウィルソン機長と、ボーイングのチーフ・テストパイロットでフライト・オペレーションのヴァイスプレジデントを務めるクレイグ・ボンベン機長が担当。最高高度は2万5000フィート(約7620メートル)、対気速度は250ノット(約463キロ)に達した。今回の初飛行では、機体のシステムや構造の試験、搭載機器のデータをシアトルの地上班にリアルタイム送信が行われた。

 初号機がボーイング・フィールドに到着すると、ボーイング民間航空機部門のレイ・コナー社長が両機長を出迎えた。駐機場に降り立ったウィルソン機長とボンベン機長は家族と抱き合い、喜びを分かち合った。

 737 MAXファミリーは、今回初飛行した標準型となる737 MAX 8(1クラス最大189席)と、同機をLCC向けに座席数を増やした737 MAX 200(200席)のほか、1クラス最大149席の737 MAX 7、同220席の737 MAX 9の計4機種で構成。ローンチカスタマーである、サウスウエスト航空(SWA/WN)への737 MAX 8の量産初号機引き渡しは、2017年7-9月期(第3四半期)を計画している。737MAX 9は2018年、737 MAX 7は2019年に、初号機を引き渡す見通し。

 737 MAXは2015年12月末現在、62顧客から3072機の受注を獲得。競合のエアバスは、A320neoの初号機を、1月20日にルフトハンザ ドイツ航空(DLH)へ引き渡した。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

ボーイングが開発中の最新鋭小型機737 MAXが初飛行に成功。Aviation Wireで現地の様子をお届けします。

関連する記事はこちら

特集