ライブに行くまでに歌手と雑談できる!直行バスでVR体験

KDDIなどサービス提供

  • 0
  • 0
VRコンテンツに登場するディッシュのメンバー
 KDDIは交通事業を手がけるWILLER(大阪市北区)と共同で、高速バスの移動中に仮想現実(VR)コンテンツを楽しめるサービスを始める。歌手のライブ会場に直行するバスの中で、その歌手との雑談などをVRで体験できる。移動中を含めて顧客がライブ体験を楽しめるようにする。第1弾として5人組ダンスロックバンド「DISH//(ディッシュ)」のVRコンテンツを2018年1月に配信する。

 新サービスは「ライブバスVR」。WILLERが運営するライブ会場直行バスにおいて、KDDIが制作したVRコンテンツを無料で体験できる。バス乗車時に1人1台渡すVR機器と、顧客のスマートフォンを活用して視聴する。

 第1弾のVRコンテンツは、18年1月1日に東京都千代田区の日本武道館で開く「ディッシュ」のライブの会場に向かうバスで提供する。高精細なVR映像で、その場に居合わせているように「ディッシュ」のメンバーとの雑談やデートなどの場面を体験できる。他の歌手のVRコンテンツの提供なども今後検討する。

日刊工業新聞2017年9月8日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

ドコモは離れた場所でもライブを楽しめるVRを提供開始。一方KDDIはライブに行くまでを楽しむVR。これからもライブの楽しみ方が増えるサービスが増えそうです。しかしバスの中でVR、酔ったりしないのでしょうか。

関連する記事はこちら

特集