東レが基礎研究をさらに強化、「未来創造研究センター」の役割

東レは、滋賀事業場(大津市)内に設けた新たな研究拠点「未来創造研究センター=写真」を報道陣に公開した。重視している基礎研究をさらに強化していくための中核拠点として整備した。未来社会に貢献する新素材や新技術の研究開発を推し進める。 約100億円を投じた同センターは、旧中央研究所の建屋を刷新して2019年12月に開所した。総延べ床面積は1万7600平方メートル。アイデアを創出する「融合研究棟」と、そのアイデアを基に試作・評価・実証を進める「実証研究棟」の2棟で構成する。 先端材料研究所や地球環境研究所など五つの研究所が入居。約250人の研究者が垣根を越えて連携できるよう、社内オープンラボやワンルーム型執務エリア、図書交流エリアなどを設けた。 同社の阿部晃一副社長は「長期的な視点で東レならではの革新的な技術を創出し、このセンターから世界に大きな研究成果を発信したい」と意気込んだ。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集