腕時計の販売は好調でも、業績で明暗が分かれたのはなぜ?

時計3社の2019年4―9月期連結決算が12日出そろい、セイコーホールディングス(HD)とカシオ計算機が増収営業増益、シチズン時計が減収営業減益だった。ただ、腕時計の完成品販売は、高級価格帯や人気ブランドを中心に各社とも好調を維持している。 シチズン時計は時計事業の営業利益が前年同期比37・4%減。アナログクオーツムーブメント(駆動装置)の販売が厳しく「回復が見通せない」(佐藤敏彦社長)。工作機械事業も反動減や設備投資の先送りで営業利益が同33・3%減。20年3月期業績予想は据え置いた。 カシオ計算機はコンシューマ部門が増収営業増益。「G―SHOCK」など中国市場の電子商取引(EC)向けが伸長。為替影響で20年3月期業績予想の売上高を下方修正したが「それ以外は予想通り」(樫尾和宏社長)としている。 セイコーHDは時計事業の営業利益が同42・8%増。ムーブメント販売は苦しい状況が続くが、国内外で完成品の販売が好調。20年3月期業績予想の営業利益も上方修正した。 完成品販売について、上期は消費増税前の若干の駆け込み需要があった。下期への影響について、シチズン時計の古川敏之取締役は「反動減の懸念は少ない」と見る。セイコーHDの中村吉伸社長は「年末商戦までに販売が回復するよう進めている」とした。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集