マンガでIT学ぶ、 みずほビジネスパートナーが導入した学習サービスの仕組み

  • 0
  • 0
「メンター」はマンガでIT知識を分かりやすく理解できる

WHITE(横浜市中区、横山隆社長)はマンガやチャットでITを分かりやすく学べるオンライン学習サービス「MENTER(メンター)」を、みずほビジネスパートナー(東京都千代田区)に導入した。同社は、みずほ銀行出身のシニア社員が多く働く人材サービス会社。シニア人材向け研修サービスのリスキル(学び直し)プログラムとしてメンターを活用し、社員のITスキル底上げにつなげる。

メンターは1レッスン当たり約5―10分のコンテンツで構成。受講者は自分の都合に合わせてパソコンやスマートフォンで学習できる。基本機能が使えるベーシックプランを10人以上で利用する場合、1人当たりの月額費用は3200円(消費税抜き)。花王グループカスタマーマーケティング(東京都中央区)など約50社が導入している。

デジタル変革(DX)に関する基礎知識や、表計算ソフト「エクセル」でエラーが起きた際にウェブ検索で問題を解決する方法などを、ITに苦手意識があるシニア層でもマンガを活用しながら分かりやすく学べる。

日刊工業新聞2022年7月1日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる