日立が83億円投資、新設する「鉄道車両工場」の中身

  • 0
  • 0
イメージ写真

日立製作所は、米首都ワシントン近郊に鉄道車両製造工場を建設する。7000万ドル(約83億円)を投資し、米国での鉄道事業を拡大させる。今年秋に建設を始め、2023年末ごろから24年初めの操業を目指す。

日立は昨年3月、ワシントン首都圏交通局から最大800両、22億ドル(約2600億円)分の地下鉄車両の製造プロジェクトを受注したと発表した。新工場では、まず同プロジェクト向けの車両を製造する。 

工場は東部メリーランド州に建設し、460人を雇用する。最大で月間20両の地下鉄車両を製造することができるという。

日刊工業新聞2022年3月22日

キーワード
日立 ワシントン

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる