ついに就活でAIに選ばれる時代に…ソフトバンク、新卒採用選考に「ワトソン」

  • 1
  • 2
コグニティブ・コンピューティング・システム「ワトソン」(IBM提供)
 ソフトバンクは29日、新卒採用の選考にIBMの人工知能(AI)「ワトソン」を活用すると発表した。総合職志望者のエントリーシートの評価に活用し、選考の合否判断を補助する。ワトソンを活用し、統一された評価軸による公平な選考を目指す。人事担当者がエントリーシートの確認に充てる時間を削減し、面談など応募者との対面での採用活動に多くの時間を使えるようにする狙いもある。

 過去のデータを学習させた「ワトソン」にエントリーシートのデータを読み込ませる。ワトソンが評価するのはエントリーシートの中で自己の強みと、それに関連するエピソードを問う項目。ワトソンが合格基準を満たす評価を提示した場合は、選考を通過したものとして扱う。通過しなかった場合は人事担当者が別の項目の内容を確認した上で合否を判断する。ワトソンの活用により、エントリーシートの確認に充てていた時間を75%程度軽減できる見込みとしており、面談などに時間を活用できる。

 ワトソンによる採用選考は、5月中旬以降に受け付ける約400件のエントリーシートが対象になる見通し。将来はワトソンが評価する項目を増やすなど、利用範囲の拡大を検討している。

日刊工業新聞2017年5月30日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

人事の目に留まるように強調したい部分を太字にする、手書きできれいに書く、などの工夫が必要なくなりそうなので就活生にとっても効率的かもしれません。しかしAIに「お祈り」されるのはなかなか悲しいものがあります…

関連する記事はこちら

特集