山岳トンネルの余分な掘削を減らすドリルジャンボ

大成建設が削孔支援機能を開発

  • 0
  • 1
 大成建設は山岳トンネル工事の発破掘削で、現場状況に最適な削孔パターンを設定できる削孔支援機能を開発した。掘削機械のドリルジャンボに搭載して用いる。削孔支援機能がない場合と比べ、設計断面より余分に掘削する割合を大幅に低減できる。今後山岳トンネル工事に導入し、生産性向上につなげる。

 大成建設が開発した削孔支援機能は、掘削する現場の目視情報と測量機器による断面計測の結果から、図面化と定量化を行う。その情報を基に削孔パターンを見直して施工する。一連のサイクルを繰り返すことにより削孔パターンを調整でき、余分に掘削する割合を低減する。

 同社は削孔支援機能を搭載したドリルジャンボを、新名神高速道路竜王山トンネル工事(大阪府茨木市)に試験導入した。従来と比べ、設計断面より余分に掘削する割合を約50%低減した。

 掘削作業の効率化やコスト削減などに寄与すると見ている。

日刊工業新聞2017年5月19日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

シンゴジラにでも出てきそうな機械だが、日本のゼネコンの掘削技術は世界にも誇れます。建設業界での人手不足は深刻で、大規模工事の技術革新はこれまで以上に重要になってくる。

関連する記事はこちら

特集