東芝の17年3月期決算、監査法人の意見なしでも月内公表へ

前期決算では監査法人は変更しない方針

  • 0
  • 0
16年4ー12月期も監査法人のお墨付きなしで決算発表に挑んだ東芝の綱川社長
 東芝が監査法人による「意見」にかかわらず、2017年3月期連結決算(米国会計基準)を5月中に発表する方向で検討を始めた。16年4―12月期に続き、監査法人のお墨付きなしの発表となる公算が大きい。前期決算において、監査法人は変更しない方針だ。

 東芝とPwCあらた監査法人は、米原発事業の損失リスク認識時期の調査などで意見が分かれている。東芝は必要な調査を完了したと判断しており、両者の見解は平行線が続く。東芝は発表を延期しても膠着(こうちゃく)状態は解消されないとみて、東京証券取引所の求める決算期末から45日以内の開示も視野に決算短信の準備を進める。

 ただ、不完全な形での決算発表が続けば、特設注意市場銘柄の解除に向けた審査への影響も懸念される。

日刊工業新聞電子版2017年5月8日

COMMENT

明豊
執行役員 DX担当
デジタルメディア局長

決算短信そのものは監査対象ではないので、お墨付きは不要ではあるが、本決算である以上、東証がどのような判断を下すか。

関連する記事はこちら

特集