東芝メモリー入札、本命WDに米投資ファンドや富士通も参画か

東芝との提携維持を条件にパートナーを募る?弱点の資金力補う

  • 0
  • 0
 「ウエスタンデジタル(WD)が、『NO』と言い続けていたら動かない」―。東芝幹部は漏らす。東芝が分社して設立した「東芝メモリ」への事業移転が滞っていることは、東芝メモリの売却に向けWDの意向を無視できない状況を浮き彫りにしている。今後、WDと日米の投資ファンドが軸となり入札が進みそうだ。一方、日本の事業会社も出資の機会をうかがっており、動向が注目される。

 東芝はWDとの合弁会社「フラッシュフォワード合同会社」の持ち分を東芝メモリに移転できずにいる。WDとの協議が続いているためだ。

 フラッシュフォワードの出資比率は東芝が50・1%、WDが49・9%。合同会社では出資者を「社員」と呼び各社員が経営に関与する。社員が持ち分を第三者に譲渡するには原則として、ほかの全社員の承諾が必要になる。

 「一般的に合弁会社の持ち分を、子会社に譲渡するのは問題とされない」(企業法務に詳しい安國忠彦弁護士)という。それでもWDが合意を留保しているとすれば、「第三者への東芝メモリ売却反対という強い意志の表れ」(業界関係者)ともとれる。

 17年度中の売却という時間的制約もある中、東芝が入札を前に進めるためには、WDに有利な条件をある程度飲まざるを得ない状況だ。

 東芝メモリの入札ではWDのほか、米ブロードコムや台湾・鴻海精密工業、韓国SKハイニックスが候補として残っている。一時は技術流出や安全保障上の懸念のないブロードコムが有力視されたが、WDは同社を名指しで批判しており、「ブロードコムという選択肢はゼロに近い」(東芝幹部)と話す。

 WDの弱点は資金力。このため「WDは東芝との提携関係の維持を認めることを条件に、入札のパートナーを募るのではないか」(ファンド関係者)との指摘が上がる。実際にWD幹部は産業革新機構や日本政策投資銀行に連携を呼びかけた。

 ただ東芝メモリの価値は2兆円とされ、買収資金をどう確保するかは課題として残る。そこで資金力のある米ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)がWD“連合”に合流する動きが出ている。KKRは日本での投資実績が豊富で「人間関係の面でも信頼感がある」(同)と評価する。

 メモリー技術はビッグデータ(大量データ)やAI(人工知能)ビジネスの高度化のカギを握る。竹内健中央大学教授は「半導体の裾野産業や学術分野への波及効果が大きい。日本に残すべきだ」と話す。その観点では東芝メモリへの日本企業の出資が望まれる。
               


日刊工業新聞2017年4月28日

COMMENT

後藤信之
編集局第一産業部
デスク

富士通などは出資に前向きとされる。2次入札締め切りは5月19日。残された時間の中で、“日本連合”形成に向けたうねりは大きくなるのか。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる