ドコモ、球体ドローンで広告表示

来年度に商用化

  • 0
  • 0
浮遊しLED光を点灯した状態のドローン
 NTTドコモは飛行ロボット(ドローン)を活用し、360度映像を表示しながら飛行する広告ディスプレー「浮遊球体ドローンディスプレー」を世界で初めて開発した。発光ダイオード(LED)を並べた環状のフレーム内部にドローンを配置し、フレームを高速回転させながら飛行する。回転するLEDの光の残像が球体ディスプレーを作り、ドローンで任意の空間に動かすことで、広告をどこからでも見えるようにできる。2018年度の商用化を目指す。

 球形ディスプレーの最大直径は約88センチメートルで、重量は3・4キログラム。コンサート会場やスタジアムなどのイベント会場での演出や、会場内を飛び回る広告媒体としての活用を想定している。
浮遊球体ドローンディスプレーの外観

日刊工業新聞2017年4月25日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

ドローンを活用した球体ディスプレーの開発には、ドローンのプロペラによる空気抵抗やディスプレー搭載による重量増加などの課題があったが、LEDの光の残像でディスプレーを表示する技術を応用することで、これを克服した。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる