たかがトイレ、されどトイレ。消臭機能に子どもが楽しく行けるものまで

アイカ工業、トイレブース事業拡充

  • 0
  • 0
こども用トイレブース「まなブース」
 アイカ工業は、トイレブース事業を拡充する。表面材に消臭機能を持つタイプを投入したほか、子どもが楽しくトイレに行けるようなデザインの「まなブース」を発売した。高付加価値製品投入で顧客を開拓する。トイレブース事業の現在の年間売上高は数億円。新製品は初年度に、計1億6000万円の売上高を見込む。事業全体で大幅に売上高を増やす。

 消臭仕様は同社で売れ筋のトイレブース「ピュアコアブース」に追加した。表面のメラミン化粧板に金属塩を成分とする消臭剤を混ぜ、においの成分が消臭剤に接触して化学吸着し消臭する。価格は通常仕様より15%高く設定した。既存製品の壁面材「セラール」にも同様の消臭仕様があり、トイレブースとの組み合わせで消臭効果アップにつながる。まなブースは子ども向けに扉の内外に動物や風景のデザインを描く。

 商業施設などでは、トイレのにおい対策強化が利用者の満足度向上につながる。また、子ども向けブースは待機児童解消のための保育園増設、企業内保育所の新設などで、需要が見込まれる。

日刊工業新聞2017年4月25日

COMMENT

松井里奈
イベント事業部
副部長

待機児童解消のための保育園増設や企業内保育所の新設など、子ども用トイレをとりまく業界にとってはビジネスチャンスなのかもしれない。

関連する記事はこちら

特集