シャープが液晶技術を応用した日本酒向け保冷バッグを限定販売へ

クラウドファンディングを活用し購入者募集

  • 0
  • 2
 シャープは独自の蓄冷材料を使った日本酒用の保冷バッグを開発した。石井酒造(埼玉県幸手市)が、マイナス2度Cが飲みごろの日本酒「冬単衣(ふゆひとえ)」と組み合わせ、3000セットを限定販売する。価格は送料込みで6600円(消費税込み)。

 クラウドファンディングサービス「Makuake」のインターネットサイトで購入者の募集を始めた。募集期限は6月28日。商品の発送は7月中旬の予定。

 保冷バッグは融点がマイナス10度Cの蓄冷材料を使用。日本酒を約2時間マイナス4―マイナス5度Cに保ち、グラスに注ぐと飲みごろのマイナス2度Cになる。

 蓄冷材料はシャープの社内ベンチャー「テキオンラボ」が液晶技術を応用して開発した。シャープは4月に部署を新設して蓄冷材料事業を本格展開する。

日刊工業新聞2017年4月4日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

記事だけではどのような液晶技術を応用したのかよく分かりませんが、クラウドファンディングを使うあたりシャープ社内でもかなり余裕が出てきたということでしょう。

関連する記事はこちら

特集