名古屋鉄道の新ビルがスゴすぎる!南北に400mの巨大ビル

リニア開業の2027年完成へ

  • 1
  • 2
再開発計画を説明する安藤名鉄社長
 名古屋鉄道は29日、名鉄名古屋駅地区再開発の全体計画をまとめ、2022年度に着工すると発表した。地下にある駅を南東側に拡張して面積を2倍にし、27年度に完成する。さらに自社と他の3社のビル計6棟を解体し、南北400メートル、高さ160―180メートルの大型ビルを建設する。ビルの完成時期と全体の総事業費は未定。

 現在の駅は2本の線路と三つのホームで複数路線を運行し、わかりづらいと指摘されている。共同事業者の近鉄グループホールディングスなどの土地の地下に駅を広げ、駅全体の面積を1万4000平方メートルにする。線路とホームを増やし、中部国際空港(愛知県常滑市)行きなど方面別の乗り場の設置を検討する。名古屋市内で会見した安藤隆司社長は「細かい方面別にして不便さを解消できる」と抱負を述べた。

 再開発区域は約2万8000平方メートル。大型ビルには商業施設とホテルが入るが、自社で運営するかは未定。

日刊工業新聞2017年3月30日

COMMENT

 これは驚きました。南北400メートルを一体的に開発するところまでは既に決まっていた話ですが、まさか一つのビルになるとは。しかも名古屋の目抜き通りである「広小路」につながる太閤通りをまたぐ形です。  名古屋駅といえば99年に開業した「JRセントラルタワーズ」が、世界一大規模な駅ビルとして一時ギネスブックに登録されていました。縦に伸びるツインタワーに対し、今回の名鉄のビルは横に長~~~~~いビルとなります。詳細な設計はこれからのようですが、話題性は抜群ですね。

関連する記事はこちら

特集